専業主婦でも借りれるキャッシングとは?

総量規制が始まって以降、専業主婦が借りれるキャッシングが非常に限られています。

 

総量規制は、資金業者による過剰な貸付を防止することを目的とし、原則として、年収の3分の1を超える融資を禁止するものとなっているからです。

 

つまり、年収300万円の人は、年収の3分の1の100万円までの融資が受けられますが、本人に年収がない専業主婦については、原則として1円も融資してはいけないという内容になっています。

 

 

しかし、総量規制が規制する「貸金業者」というのは、

 

 ・消費者金融
 ・信販会社
 ・クレジットカード会社

 

などのことですので、専業主婦が借りるためには「銀行」のサービスから選べば良いことになります。

 

総量規制対象外のカードローンという言い方をすることがありますが、これは、「銀行カードローン」のことを指しているものです。

 

 

ここで、「銀行なら専業主婦でも借りれるんだ!」と思われるかもしれませんが、すべての銀行が専業主婦の利用を認めているわけではありません。

 

三菱東京UFJ銀行のバンクイックやみずほ銀行カードローンなど、一部の銀行が専業主婦に融資しているにとどまります。

 

とくに、専業主婦が即日融資でお金を借りたいときは、自動契約機がある「バンクイック」への申込みが必要になります。

 

バンクイックならインターネットから申込み、その後、テレビ窓口という自動契約機でのカード受取が可能ですので、当日中の現金受取もできるようになります。